So-net無料ブログ作成
山スキー ブログトップ

春香山  山スキー [山スキー]

3月19日 銭函の春香山に山スキーに行ってきました。朝7:30自宅発。9:40駐車場登山口出発。銀嶺荘着13:40.頂上着14:40。小屋発15:30.駐車場着17:10。 土場からのトラバースしていく急斜面でツボ足の夫婦が下ってきました。彼らは頂上まで行ってきたそうで、踏み跡をつけてくれました。これでルートファインデイングすることなく行けました。我々は初めての春香山なのでルート探しが大変なのです。3人での行動です。二人はスキーで登り、アメリカ人のTさんはスキーを担いでスノーシューでの登山です。Tさんは荷物が重く大変でした。小屋までは3人。頂上アタックは二人で行きました。彼は小屋前で待機です。この日は晴れ、頂上は360度の大パノラマ、石狩湾、遠くの山も見えました。北の海にコニーデ状の山が見えました。同行のSさんは利尻島だと言っていました。頂上から小屋までの下りは急なので、シールはつけたまま斜め滑降で何とか下った。帰りは小屋から少し歩き、登ったところでシールをはずした。ここからは3人ともスキーでの下りです。雪表面は固く、制動はかなり難しく、制動するため太ももは痛くなります。Tさんは何度も転び、起き上がることができなくなり、私が引っ張りました。制動しないとスピードが出すぎて危険なのです。これほどスキーで下るのが大変とは。初めてこんな経験をした。春の標高の低い山はこうなのだと体験しました。何とか3人、無事に下山でき、ほっとしました。やれやれ。この日は朝里川温泉の簡保の宿に宿泊。おいしいビールで無事下山の乾杯でした。

P3191272 (800x600).jpg土場 背後に石狩湾が見える。

P3191273 (800x600).jpg小屋前で、ドアは開かず、中には入れなかった。

P3191280 (800x600).jpg頂上より

P3191286 (800x600).jpg頂上


御料山・上砂川 山スキー [山スキー]

 2月8日は冬の快晴日でした。天気予報で晴れそうなのでどこか山スキーに行こうと計画していました。私は山スキー、妻はスノーシュー登山です。自宅を9時過ぎに出発。登山開始は11:10、第二リフトの小屋到着12:40、御料山頂上13:50頂上発12:55、登山口着14:45。 第二リフト小屋からは稜線沿いに登る。一度鞍部に下り、また登ります。頂上に続く稜線に出る登りは急登でスキーではかなり苦労した。また下りも樹林の間を滑るのでシールをつけたまま恐る恐る滑る。3時間35分の行程でした。気温は零下15℃位だったはづ。厚い手袋をはいていたけど、指先が冷えて痛くなってきた。体は熱くて汗をかいているのだけど指先は冷える。血の循環が悪いのだろう。胸に手を入れて暖めた。指の感覚がもどってくるのがわかる。もう少し指の保温対策を考えよう。下りはやや重い新雪をかきわけ何とか転ばずに大きなシュプールを描いてきました。快晴で展望も良く、適度の運動で快適な山スキーでした。  

P2081196 (800x600).jpg 建物はパンケの湯

P2081199 (800x600).jpg 

P2081200 (800x600).jpg

P2081202 (800x600).jpg

P2081207 (800x600).jpg御料山 頂上 

 


山スキー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。